2010年03月02日

『人間失格』失格です!

『人間失格』を観る。例によって世間では二言目には原作がどうこうという話になるが、僕はそんなことはどうでもいい。そもそもそんな論議はナンセンスだ。一応書いておくが、僕は原作を読んだことはない。中学の頃に塾の先生に聞いたら、「まだ早い。あれははまっちゃうんだよね〜」と言われた。
さて、この映画、苦行以外のナニモノでもなかった。折に触れて映画的なストーリーの省略をやるのだが、これがへたくそで行間が分からない。分からないままだらだら展開していき、収拾がつかなくなって、出来の悪い清順映画のようになって終わる。訳が分からん。


posted by 山崎達璽 at 21:40| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。