2010年05月31日

『宮城野』の世界観

名古屋で『宮城野』を観た映画ファンの方から「往年のATGを彷彿させるね」とのコメントをいただいた。学生時代にATGにはまった僕にとっては嬉しい感想だ。

『宮城野』のスタイルというか様式の表現方法としては、篠田正浩監督の『心中天網島』の影響が多大だ。他には木下恵介の『楢山節考』、鈴木清順の『陽炎座』三島由紀夫の『憂国』、そして、ラース・フォン・トリアー『ドッグヴィル』などからもインスピレーションを受けている。

すでにご覧になった方もこれからご覧になる方も、上記の作品をレンタルDVDなどでご覧いただけると、世界観をうまくお伝えできると思います。


posted by 山崎達璽 at 22:39| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。