2010年10月01日

我がドラゴンズ、栄光の軌跡(2011/11/21追記)

いよいよ我が中日ドラゴンズの優勝が迫ってきた。今年は今一つ強い感じがしなかったのだが、あれよあれよという間にマジック1。出来れば明日勝って胴上げと行きたいところだ。
ここで、ドラゴンズの栄光の軌跡を自分の人生に重ねて辿ってみたい。

1. 1954(昭和29)年
これはまだ生まれる前のこと。

2. 1974(昭和49)年 0歳
生まれてすぐ。

3. 1982(昭和57)年 8歳(小2)
おぼろげな記憶はあるがあまり実感がない。

4. 1988(昭和63)年 14歳(中2)
優勝の前日、マジック2のときにナゴヤ球場で観戦。2位チームが勝ったため胴上げは観られず。彦野の活躍で逆転勝ちだった。

5. 1999(平成11)年 25歳(院2)
ノストラダムスのトンデモ予言のこの年。そしてカンヌで監督デビューしたこの年。9/30、当時・ニッポン放送のアナウンサーだった小口絵理子にチケットを手配してもらい神宮球場の3塁側特別席で観戦。マジック1。試合中、読売が負けて優勝が決定。ヤクルトに勝利し、星野が目の前で胴上げされた

6. 2004(平成16)年 30歳
マジック2で神宮に駆けつけるが、球場目前のタクシー内で試合終了。敗戦。翌日、ナゴヤドームで広島に負けて優勝。なんともカッコ悪い胴上げ。西武ドームに日本シリーズを観に行った。

7. 2006(平成18)年 32歳
優勝の掛かった関東4連戦の全てを観に行く。横浜・横浜・神宮、そして、10/10東京ドーム。福留の勝ち越しタイムリー、ウッズのダメ押し満塁打で大勝。落合が目の前で胴上げされた

※ 2007(平成19)年 33歳
このときはペナントレースでは2位。クライマックスを勝ち上がり、日本シリーズを完全試合で勝利。『宮城野』のクランクイン直前で慌ただしい中、携帯で試合経過を追っていた。

8. 2010(平成22)年 36歳
今日か明日か冷や汗2

9. 2011(平成23)年 37歳
球団史上初の連覇。史上最貧打打線ながらクライマックスを勝ち上がり、日本シリーズ第7戦で惜敗。


posted by 山崎達璽 at 12:53| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。