2010年10月15日

新京極映画祭2

kyoto- (5).jpg14:53、いよいよ舞台挨拶。拍手に迎えられスクリーンの前へ。しゃべりはじめてしまえばなんてことはないのだが、いつも入退場はたまらなく緊張する。たぶん変な歩き方・姿勢になっていたと思う。う〜ん、今日は衿の合わせが今ひとつで、気になってしようがない……。
聞き手は映画祭の総合プロデューサーの井上恭宏さん。井上さんはあぶらとり紙の老舗・左り馬の旦那。日大藝術学部映画学科の大先輩であり、学内の「歌舞伎・舞踊研究会」の大先輩でもある。
3年前に松竹座の愛之助さんの楽屋でお会いしてから随分とお世話になっている。『宮城野』の撮影中は化粧まわりの小物をたくさん提供してもらったり……。
そんな井上先輩の進行は飄々としていて楽しい。この映画は愛之助さん、薪車さん、そして國村さんと上方パワーの支えられていると言っていい。お三方のお膝元で上映できることは大変な光栄。そんな感謝の気持ちを申し上げたり、撮影中の面白エピソードを話したり。10分ちょいの持ち時間はあっという間に終わってしまった。
kyoto- (7).jpg


posted by 山崎達璽 at 18:05| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。