2010年10月16日

フィルムメーカーでありたい

kyoto- (14).jpgかくして新京極映画祭での『宮城野<ディレクターズカット版>』関西御目見得上映が無事終了した。こんなに楽しい素敵な思いをさせていただいて、まさに映画監督冥利に尽きる。井上先輩を始め、映画祭スタッフの皆さん、ありがとうございました。そして劇場に足を運んでいただいた御見物の皆様、感謝至極です。心より感謝申し上げます。

さて、祭りのあと。
映画監督としてもっとも幸せを感じる一瞬が終わると、まさに祭りのあとの寂しさ、それに虚しさが襲ってくる。映画祭のスタッフと仲良くなって、「来年も遊びに来てください」と口々に言われる。とっても嬉しいしありがたいのだが、映画監督としてはただ遊びに来る訳にはいかない。新作を携えて映画を観せに来たいのだ。つまり参加ではなく、フィルムメーカーとして招待を受け出席したいなぁと。

映画を作るのはつらい。そうそう撮れるもんじゃないし、貧乏になる。でも作り続けなければいけないのが宿命。
「撮り続ける」ことは亡き緒形拳さんとの約束だ。
誰の言葉か「監督と泥棒はとり続けなければならない」とはよく言ったものだ。


posted by 山崎達璽 at 18:45| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。