2010年10月24日

ドラゴンズの二人のエンターテイナー

image/2010-10-24T08:31:40-1.jpg我がドラゴンズがセ・リーグを制覇した。一・二戦の読売の不甲斐なさには憤ったが、昨夜はまさに息詰まる熱戦。球史に残る試合であった。和田のサヨナラ安打も素晴らしかったが、谷繁の緻密なリード、河原の闘士を秘めたリリーフにも痺れた。

今朝の産経の記事には珍しく悪意がない。和田の活躍の時は「輝く和田」なんて見出し。スポーツ紙じゃあるまいし……。
そんな和田は今年は常に輝いていた。ベンチでも打席でも守備でもやたら帽子やヘルメットを取る。暑いのか、滑るのか、見せたいのか。カメラが向いているのが分かっているかのようにやたらに見せる。いつの頃からか開き直った傾向はあったが今年は実に顕著。このパキケファロサウルスの最終進化型は紳士なエンターテイナーだ。

野球好きはたいてい監督気分だ。当の本人は勝てば官軍負ければ賊軍。毀誉褒貶を顧みたら心身ともに保たないだろう。名古屋ではぶっきらぼうな落合は不人気だという。僕は選手時代はあまり好きではなかったが、多少は大人になった今、落合は大好きだ。この7年、終始一貫支持し続けている。だって金にものを言わせた補強をすることなく、毎年優勝争いに絡んでいるんだもの。これ以上のファンサービスはない。これこそ最高のエンターテイナーだ。決してブレることなく粛々と我が道を行く。
球界のゴロツキ・星野も少しは見習うべきだ。


posted by 山崎達璽 at 08:34| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。