2010年12月31日

皇紀2670(平成22)年を振り返って

とやかく言っているうちに大晦日。今年、皇紀2670(平成22)年の自分を振り返ってみる。

今年を一文字で表すなら、まずは「貧」。そんなことをぼやいてもしようがないが、やはり今年は人生で最貧。この不況、映像を含めてエンタメ業界には厳しいっす。言ってしまえば、エンターテインメントなんてなくても生きていけますからね。年末はさらに厳しいなあ。頼みの綱は還付金。早く源泉徴収票を送ってください!
もう一字は「呟」。他でもないTwitterのことだ。確か夏ぐらいにアカウントを取って、最初は誰にも知られずにしょうもない下ネタなんかをつぶやいていたのだが、ふと学生に発見されてからだんだんと広がっていき、気づいたらフォロワー120人。いまやしっかりとコミュニケーション・ツールであり、ビジネス・ツールになってしまった。ほぼリアルタイムの情報発信基地であることは間違いない。素晴らしい出会いもたくさんあったりで、こういうマメなツールは僕の性に合っている気がする。

今年は、いや、今年もまた喜怒哀楽いろいろあり、どん底もあれば有頂天もあった。痛感したのは、この世とあの世の境なんて襖一枚もないということ。あの世への入り口なんて、ちょっとしたことで口を開くし、些細なことで向こう側に足を踏み入れてしまうものだと思った。

連休ぐらいから過敏性腸症候群が始まり、ずっと悩まされていた不眠症も悪化。自律神経失調症と診断される。酷暑のころはどん底だったが、秋口から徐々に回復、おかげさまで今ではすっかりよくなった。

不眠症じゃない監督なんて、日本にいないですよ〜

後輩の演出部から聞いた一言。彼女は何の気なしに言っていたようだが、これには本当に救われた。今年は応援団の人たちからたくさんのお言葉をもらった。ありがとうございました。

と、徒然なるまま、きりがないので、これぐらいで。
来年も頑張っていきますので、みまさまどうぞよろしくお願いします!


posted by 山崎達璽 at 10:18| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。