2012年05月24日

カンヌ国際映画祭のホワイトカード

2012-05-24 08.24.55.jpgワイドショーを観ていたら、現在開催中のカンヌ国際映画祭が特集されていました。「カンヌは一生の憧れだなぁ」と思いつつ、ついつい13年前の思い出の品々を見てしまいました。
ただの自慢かもと思われるかも知れないし、過去の栄光にすがっていると言われるかも知れませんが、なんとなく自分の足跡を確かめたかったんです(^_^;)

写真は招待監督をはじめVIPしか許されないIDカードです(以下、1999年当時の事情)。
カンヌ国際映画祭は、21世紀の今もフランス階級社会の雰囲気が色濃く残るお祭りです。監督週間や批評家週間などのサテライト・イベントは別ですが、公式部門(長短編コンペ、ある視点、シネフォンダシオン)は入場制限があります。事前に登録してIDカードを持っていないとパレという巨大な映画祭会場には入れません。そして上映会場にはさらに招待券が必要なんです。
が、このホワイトのIDカードは別格で、どんなに行列があっても優先的に観ることが出来ます。監督をもてなすのがあのお祭りなんですね。
そんなお祭りですから、カンヌには魔物がいると思います。一生取​り憑いて離さないんです、たぶん。



posted by 山崎達璽 at 09:55| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。