2012年06月11日

猿翁さんの人差し指が紅く染まってました〜澤瀉屋の襲名初日を振り返って〜

2012-06-11 15.22.37.jpg歓喜と涙の澤瀉屋襲名の初日が開いてから一週間が経とうとしています。夢見心地とでも申しましょうか、あれからテレビの録画を観たり新聞記事を読みあさったりとずっと浸ってきました。ようやくちょっとは冷静になってきたので、あの日のこと、とりわけ「口上」について振り返ってみたいと思います。

例の福山雅治さんが贈った祝い幕が引かれ、下座が流れ始めると、5分前だというのに大向こうが掛かり始めました。「おもだかや〜〜」とずいぶんゆったりたっぷり掛けてるんですね。

そして、開幕。待ちに待った瞬間でした。猿之助・中車・團子を中央に段四郎・藤十郎・秀太郎さんら15人が居並ぶ舞台は実に壮麗。前日の舞台稽古を観た人から、猿翁さんの登場のしかたはかなりユニークと聞いていたんですが、まずはお姿はなく、ちょっと心配に。“お体の調子が悪くお出にならないのでは?”なんて余計な心配をしてみたり。

猿三郎さんのブログのよると、この時、舞台に出ていない一門のすべての方々は始まりから舞台裏に控えていらっしゃるそうです。また、口上の出の前に中車さんが猿翁さんのところに「お願いいたします。お父さん、初めて一緒の舞台に立たせて頂きます」とのご挨拶に行かれていたそうです。後から知ってまた涙が……。

さて、口上は藤十郎さんから。初代猿翁さんと三代目段四郎さんの思い出話から始めるあたりはさすが。この公演がお二方の追善であるという筋をまず通すということでしょうか。懐から書面を出して読み上げるのは上方のやり方らしく、そこがとても味わい深かったです。
続いて、上手の段四郎→彌十郎→門之助→寿猿→竹三郎→秀太郎さんの口上があり、下手の右近→猿弥→春猿→笑三郎→笑也さんへと。長らく澤瀉屋を追っ掛けていた僕にとっては、この5名の口上がよどみなく溌剌としていてとても印象的でした。特に右近さんの晴れ晴れとした表情は胸に迫るものがありました。もう、最初の幕の『小栗栖の長兵衛』の中車さんとの立ち回りの時から涙腺が緩んでいましたから。

いよいよ猿之助さんの口上。あの流麗さはさすが。飄然としてて、甲高くて、早口で、サ行がちょっと舌っ足らず(笑)なところは伯父さんに似ていますが、四代目はもっと繊細で器用な感じがみなぎっていました。「また、この世を去ったお世話になった人々」にも御礼を申し上げるとありましたが、僕には澤村宗十郎さん、中村芝翫さん、戸部銀作先生、豊澤重松さんらが浮かんできました。

中車さんの口上は、歌舞伎独特の柔らかみとはまた別のものだったとは思いますが、もはや上手いとか下手とかそんな次元ではなかったです。張り詰めた緊張の中での悲痛なまでの魂の叫びだったとでも申しましょうか。あんな情熱的な口上はもう二度と観ることは出来ないはず。ほとばしる決意と覚悟は観てるこちらも汗と涙が溢れ、ハンカチを握っていました。

続けての團子さんは一服の清涼剤とでも言いましょうか。ホッとひと息(笑)。

そんな空気の中、藤十郎さんが「では、猿翁さんを呼びます。猿翁さん」と呼んだんですが、ここらへんから頭が真っ白になってしまってはっきりと記憶がないです。“ひょっとしてセリ上がって来るのか?”とのぞき見るために立ち上がりかけたような気がします。
と、下座が流れ後ろの襖が開いて、山台?(四角い台)の上に座った猿翁さんが登場。客席にはハッと息を詰める瞬間があり、すぐにワーッと歓声に変わり、まさに割れんばかりの拍手が巻き起こりました。その台が押されて、口上の列の真ん中に入ったわけですが、かぶりつきの僕には真正面。感動と涙で直視できなくなってしまい、ハンカチで嗚咽を抑えました。「すすり泣く声が聞こえた」と報道にありましたが、客席にいた実感としてはそんなものではなかったです。みんな嗚咽だったと思います。

そして猿翁さんの口上。
「市川猿翁でございます。いずれも様にも相変わらぬご贔屓のほどを、隅から隅までずずずいーと、乞い願い上げ奉りまする」 ※テレビのテロップや新聞はあまり正確ではなかったですね(苦笑)。

猿翁さんは昨年秋よりお痩せになり、言葉もさらに不自由になられていたと思います。
でも、目だけは違ったんです。口上の最後に三方礼(上手、下手、正面に頭を下げること)されたんですが、その目の鋭さ、恐いです。ある関係者から「体は不自由になっても頭は冴え渡っている」という話を聞きましたが、冴え渡っているどころか、ものすごい気を飛ばされてました。

それと、これは猿三郎さんのブログでも確認したんですが……正直、猿翁さんのお化粧があんまり綺麗じゃなかったんですね。お顔もそうですし、やせ細った両の手の白粉にもムラがありまして、“あれ?”と思ったんです。ただ、よく見ると右手の人差し指が紅く染まっていて、つまりご自分でお化粧をされているんです。
猿三郎さんのブログによると、「猿翁さんは早く舞台に立ちたくて待ち焦がれておられました。確かに御身体の不自由な部分は否めませんが決して無理に出演されている訳ではなく……(略)。出の寸前まで楽屋でハッキリ台詞を云う練習をされいる」とか。さらに「口上から引っ込んで来られるなり、『最後のご挨拶だけでは物足りないね!! 台詞、増やそうか?』などとますます前向きな発言をされました」そうです。

最後は藤十郎さんの「澤瀉屋一門、行く末長きご贔屓を賜りまするよう、隅から隅までずいーと乞い願い(一同になって)上げ奉りまする」で幕になりましたが、僕はしばらく動けませんでした。何をしていいかよく分からないという感動。こんなことはそうそう味わえるものではありません。
僕の永遠のヒーローはどこまでも永遠のヒーローでした。


○参考
市川猿三郎さんのブログ『二輪草紙』




posted by 山崎達璽 at 21:25| 観劇記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。