2012年10月04日

『天地明察』〜時代劇らしさについて〜

ようやく『天地明察』を観てきました。
ターゲットが中高年層を狙っているので、やや冗漫で説明過多な印象はありますが、“科学的歴史ロマン”をたっぷりと堪能。そのもの自体は誰にも変えようがない“天体現象に挑む”わけですから、映像表現はかなり難しいのではと思っていましたが、全体的に分かりやすくうまくまとめられていました。そう頻繁に日食や月食が起こるか?とつっこみたくはなりますが、様々な天体現象をこの二つに集約して記号化したんでしょう。

例によってではありますが……やはり気になるのは、主要キャストの会話が“時代劇らしく”ないところでしょうか。台本に書かれた台詞が現代語でも全然構わないんですよ。忠実に話したら古典の授業になっちゃいますし、歌舞伎だって王朝時代の“時代劇”を江戸時代の“現代語”でしゃべってるわけですし……。
時代劇らしくならないのは、おそらく呼吸やリズムだと思います。読点の前の音を延ばす、語尾をちょっと上げるとか。はっきり言って、みんな下手ですね。一般にはさしたる問題ではないかもしれませんが、空気感とか世界観こそもっとも重要だと思うんですが……。
ちなみに歌舞伎俳優はそういうの、すごく巧いですよね。大化の改新から明治まで、時には外来語だってなんだって“らしく”聞かせちゃいますから。

余談ですが……平日のこの時間ですから、お客は中高年女性ばかり。
エンドロールに“市川猿之助”と出ると、おばさま方は「あれ〜、出てた?」とざわつきはじめ、市川染五郎で??→松本幸四郎でもはやパニックのようでした。
わかります、みんな先代が浮かんだんですね〜。一緒ですよ〜(^◇^;)



posted by 山崎達璽 at 15:50| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。