2013年01月05日

Nスペの憂鬱

明日6日放送予定のNHKスペシャル『父と子 市川猿翁・香川照之』。テレビの前に正座して観ようかと非常に楽しみにしているんですが、懸念がないわけではありません。
世間の倫理観からはおよそ誉められたものではないプライベートな部分が取り上げられるであろうし、猿翁さんの病人としての今が大きく映し出されるはずです。
それが正月休み最後の日曜の、大河ドラマの後、まさにゴールデン中のゴールデンに放送されます。
往事を知る歌舞伎ファンはいいと思うんですが、アラフォー世代以下の、「猿之助歌舞伎」を知らない人たちがそれを目の当たりにするわけです。
その人たちがどう思うか……。どんなに三代目さんがすごかったと語っても映像の力は絶大です。哀れみと罵詈雑言? 想像したくないですね。

そんなNスペの憂鬱を歌舞伎ファンに話したら、「でも、私たち、歌右衛門さんや梅幸さんにそうだったじゃない」と。確かにその通り! 僕は、歌右衛門さんについては最々晩年、梅幸さんも晩年しか観ていなくて、その時はひどいことを言ったものです。青臭くて生意気な20代ですからね。最近になってようやく梅幸さんの魅力が分かり掛けてきたぐらいですから。
オンエアを前にそんな自問自答を繰り返しております。


さて、三代目猿之助といえば「スーパー歌舞伎」。“現代の感性で創作した”とよく言われます。この現代性ですが、厳密には80年代の感性なんですね。やがてバブル景気へと高揚していくイケイケドンドンな空気感。いわゆるそんな“バブリー”さも今や一つの歴史です。
その時代時代の現代性を取り込む精神(本来は江戸歌舞伎の精神)を十八世勘三郎さんが踏襲したのは否定できないでしょう。だから、「現代の観客にも受け入れやすい歌舞伎は中村屋が作った」という言い方は明らかに間違い。そこらへん、ちゃんとしてもらわないと(-.-#)
posted by 山崎達璽 at 09:34| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。