2007年12月07日

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

僕の周囲ではいろいろと意見が分かれるところだが、前作は良かったと思う。ストーリーに直接関係のない、(CGを駆使した)東京タワーが建設されていく様子がとてもシンボリックで、上手いマッチングでだった。 
さて、そのパート2。うーん、やらなきゃ良かったのになあ。大方の予想通りであろうか。ストーリーは小ネタ箱をひっくり返しただけで収拾がついていない。顔見世狂言じゃあるまいし。母親の恋のエピソードなんてどう考えても不要かと。ただCGの技術向上には目を見張るものがあった。前作では生きた空気感がなかったが、そこは改善されていた。 
パート2に挑んだ監督の本音を聞いてみたい。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。