2008年04月21日

『王妃の紋章』

『王妃の紋章』を観る。『HERO』にはじまるこの手のシナの歴史ロマンにはいい加減食傷気味だ。CGも頑張っているが画質が粗く興醒め。特筆すべきはコン・リー。真正面からのクローズアップ(上はおでこあたりから下は鎖骨くらいまでのフレーミング)であれだけ堂々と芝居が出来るのは流石だ。こういう画作りは作り手にも勇気がいる。それを堪能できただけでもOKとすべきか。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。