2007年10月11日

ズシリ、ドシン

昼から録音部との打ち合わせがある。三味線を弾くところ、義太夫の出語りなど録音部的にも難しい演出が多々ある。 
 
夜、愛之助さんのかつら合わせがある。細かなところまで時間を掛けて入念に合わせる。終わってからキャメラマンを交えて軽く飲みつつ打ち合わせ。いつも周囲を明るく楽しませてくれる愛之助さん曰く、『お客さんは一期一会。いつも命がけなんです』と。ズシリと重い言葉だ。 
 
途中まで頼りになる制作担当と一緒に帰ったのだが、みんなこの作品をとても楽しんでくれてる、そのことがドシンとのし掛かった。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。