2007年01月24日

『それでもボクはやってない』

シャンテで『それでもボクはやってない』を観た。さすが周防さん、時代の切り口が違う。裁判員制度が始まろうとしているこのタイミングは絶妙。緻密な取材に基づく展開には、日本の司法制度はこういうことなのか、いや、しょせんこんなもんだよと納得させられる。ただそんなマニュアル映画、啓蒙映画になっていて、そこに面白みや感動があるかというと、今一つであった。 
 
その後、小口と落ち合って、大学の先輩にあたる某社長と会食に。そこで懐かしの国民的アイドル・グループのメンバーと会ったり。 
『夢二人形』を観てもらった社長に聞かれた。 
「監督と小口さんはそういう仲だったの?」 
在学中から10年以上にわたって何度聞かれたことか。社長はDVDの特典映像の対談からそんな淫靡な空気を感じ取ったとか。 
いやいや。それでもボクらはやってない!


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。