2007年01月15日

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』に引き続いて大変好評な作品だが、やはりボクは何とも思わなかった。何とも思わないとはなんだと言われそうだが、それしか言いようがないのだ。決して悪い映画とは思わないけど、それなら魂震えたかというと、まったく……。敗戦濃厚な日本軍を描くなら(何も好戦的になることはないが)、『男たちの大和/YAMATO』ばりに誇り高く、そしてちょっとクサイぐらいの方がいい。 
詰まるところ、イーストウッドの映画には生理的なリズムが合わないんだと思う。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。