2008年04月23日

コンパチブル

0422q.jpg断腸の思いとはこのことか。 
今朝、ずっと大切にしてきたコンポを粗大ゴミに出した。これは、1994(平成6)年4月、大学の合格祝いに祖母に買ってもらったものだ。上京して最初の大きな買い物だった。まだステレオという呼称もかろうじて残っていた頃のかなりの上位機種である。CD、レコード、カセット、チューナー、それにレーザーディスクが再生可能なコンパチブルである。14年間、まったくの故障なしだったのだが、用途がなくてしまいここ6年間は収納に入ったまま。さすがに今後の用途が見つからず、場所を取ってしようがないので、ついに破棄する決断をした。ただLD部分はたまに使う可能性あるので残した。 
こうして一つの歴史が終わった。



posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。