2006年09月14日

『楊貴妃』

060914.jpg渋谷の至る所ににこんな幕やら提灯があった。ボクには王にヽがあるように見えてならない。 
 
それはさておき、今日は溝口の『楊貴妃』を観た。史実に忠実な溝口と言うが、これは何だか変だ。ちゃちなセット撮影だし、衣装もヘンテコ。当然日本人が日本語で喋る。と、言い出したらキリがないのだが、これは異国情緒というか、異国風ととらえるべきだ。手作り風メロンパンが手作りでないのと同じ。 
 
しかし、京マチ子の美しさは絶品だったなあ。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。