2006年05月31日

一十三十一

これで“ひとみとい”と読む。公式プロフィールをみると、「壁無き音楽クリエイタ−、または、媚薬系シンガー」とある。よく分からん……。 
彼女のメジャー・デヴュー曲『煙色の恋人達』を野崎クンがプロデュースしてたことから、ボクは彼女の存在を知った。 
彼女の声がすごくいい。UAよりもっと気怠くて、でもちょっと温かくて、それでいて色っぽい。って、よく分からん……。 
詞がね、なんだか切なくてね……、これがまたいいんだ。 
最近、新曲『ウェザーリポート』が発売されたんだけど、公式サイトには「哀愁系ダンスミュージック誕生!」って。なんだそれ。でも、これもまた名曲。 
久々に過去の曲も聴いています。よく女性はユーミンの詞は心に沁みるって言うけど、ボクは一十三十一の詞の方がじっとりと心に染み渡ります。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。