2006年03月19日

俳優イチロー

今日は昼からWBC日韓戦に釘づけだった。まさに日本は棚からボタモチの準決勝進出。そりゃ6戦全勝の韓国にしてみりゃ面白くないでしょう。 
結果は我が中日ドラゴンズの福留の起死回生の2ランを突破口に、日本か圧勝。タナボタ決勝進出を果たした訳だ。 
 
思うに、イチローは一流中の一流だと思った。有言実行。そして何をやっても絵になる男だ。解説の佐々木が言うには、イチローは一挙手一投足を意識してるとか。確かに正月の古畑に出たとき、その演技力はすごかったもん。つまり、彼はふだんからイチローを演じてるんだよな。四六時中、格好いい自分という虚像を演じられるのは一流の証なんだと思う。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。