2006年01月23日

東京ハレンチ映画祭

060123.jpg去年の秋頃だったか。某専門学校の映画ビジネスを専攻している学生から連絡があって、「上映イヴェントで本田隆一監督を呼びたいから連絡して欲しい」と。とても礼儀の正しい学生だったので、「協力するよ。じゃあ、単刀直入に聞くけど、これはビジネスとしての依頼?」「うーん……」「言いたいことは分かった。本田君はオレとは違って人格者だから大丈夫だと思う」と伝えた。 
本田君とは大学院以来の友人である。撮ってる映画も全然違うし、めったに会うこともないのだが、なんだか馬が合う(と、僕は勝手に思ってる)。最初は見た目がいかつくて恐いなと思ったが、話すと実に腰が低くて、物腰がとてつもなく柔らかい。どんなに忙しいときでもキチッと連絡を返してくれる。そして酒に滅法強い。だから僕は彼は人格者だと思うのだ。 
 
昨日、チラシをもらった。2/16(木)〜19(土)、東中野のポレポレ坐だそうだ。「東京ハレンチ映画祭」ってなかなかのネーミングじゃん。僕が紹介したからとかではなく、この映画祭はオススメです。これだけ本田君の魅力を体感できるイヴェントはそうそうできないんじゃないかな。僕は絶対行きます。 
 
詳細はhttp://harentifesta.aikotoba.jpまで。 


posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。