2006年01月06日

心に残る一冊

060106.jpg年末に書店でふと手にした、梅原猛先生の『親鸞の告白』。梅原先生の親鸞に関する著作をまとめた、新刊の文庫本である。ずしりと読み応えのある本なので、じっくり味わった。梅原先生は親鸞を尊敬しているが、宗門の内部の人間ではない。だからこそ言える宗門にとっては危険な発言も多々あるのだが、宗門の内部に近い僕にとっては目から鱗が落ちる思いだった。長年の疑問が綺麗に解けた。心の残る一冊である。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。