2005年11月02日

寡黙な人

さっき、静岡に住む母方の祖父が死んだ。 
末期ガンで、生きているのが不思議とまで言われていた。だから来るべきときが来たという感じで特別の思いはない。自分としては意識がはっきりしている頃に別れはしてきたつもりだ。だから悔いもない。 
 
祖父は養子で寡黙な人だった。たまにボソッと言う一言が毒舌で面白かったり、含蓄のある人生論だったり……。僕は初孫で、可愛がってもらった。 
 
祖父との忘れられない思い出がある。それは『ビルマの竪琴』(85)に連れて行ってもらったときのこと。終盤で、日本軍の捕虜が解放されて行進するシーンで、祖父が「おじいちゃんたちもこうやって帰ってきたんだよ」と耳元で言った。意外に大きな声だった。その時、祖父がどんな顔をしていたのか分からないが、おそらくじーんと来ていたんだろう。確か、祖父はフィリピン沖かどっかで潜水艦が撃沈されて米軍の捕虜になっていたのだ。生涯、ほとんど戦争について語ることのない祖父が唯一僕に語った体験談だった。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。