2005年10月17日

信念を貫く。

今日、小泉さんが靖國神社に参拝した。公式参拝なのか私的な参拝なのか、マスコミはこぞってこれを話題にするが、そもそも信教の自由が憲法で保障されている日本で、公人も私人もあるのだろうか。 
僕は「二度と戦争を起こしてはならないという不戦の決意で祈った。今日の日本があるのは、心ならずも戦場で散られた皆さんのお陰だという気持ちだ」と言う小泉さんの信念に大いに賛同するし、何の疑念もない。他国がとやかく言うことではない。 
小泉さんは信念を貫く人だ。俗っぽい言い方だが格好いい。 
 
先週、郵政民営化法案が圧倒的賛成をもって可決された。あれだけ信念を持って反対して当選した議員たちが、賛成に転向したのは一体どういうことだろう。野田聖子氏が話題性ゆえに一番矢面に立たされているが、彼女だってテレビの前であれだけ反対を叫んだのに。公約違反以外の何者でもない。 
 
もちろん、それでも反対票を投じた人もいる。平沼赳夫氏だ。この人は信念を貫いた。さすが(戦後60年、A級戦犯の汚名を着せされたままの)平沼騏一郎元首相、最後の将軍・徳川慶喜公の子孫だ


posted by 山崎達璽 at 00:00| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。