2009年04月23日

まあそう熱くならないで……

東海道線に乗っていたら草なぎ剛逮捕のニュースが。「おっぱい」が言えない者同士なので少々気になる。
要は泥酔してたんでしょ。あまり熱くならないで欲しいなぁ。そりゃ良くないけど。
人を殺傷したり、金をだまし取ったり、覚醒剤を打ったり、大麻を所持したり……それでものうのうとのさばってる芸能人なんていっぱいいるじゃないか。年内謹慎ぐらいで勘弁してやって欲しいなぁ。


posted by 山崎達璽 at 11:30| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

飲んだらお仕舞い

今日は夕方から花見があった。桜の下での宴会というのはあまり得意ではないのだが、これから長く深いつきあいになるであろう仲間からのお誘いということもあり、「乾杯だけ」のつもりで参加した。
例年花見は寒い。ことに夜桜ときたら夜風がズキズキくる。日頃から頻尿気味な僕はいつに増してトイレが恋しい。
しかし僕は酒に弱い。酒は好きな方だが酔いやすいし、飲んだら楽しくなっちゃって帰りたくなくなる。「乾杯だけ」で帰った試しはない。飲んだらお仕舞いだ。結局、次の打ち合わせに遅刻した。

桜の花は甚だしく短い。パッと咲いてパッと散る。春を告げるワクワク感もあれば一抹のもの悲しさも同居する。雨が降った翌朝、桜の木の下を歩くと得も言われぬ清々しさと、やはりまたどことないもの悲しさが漂う。
posted by 山崎達璽 at 23:48| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

個人事務所を開設

4/1から株式会社ビサイドさんの運営するウィズスクエア内に「山崎達璽事務所」を開設する事になった。昨秋、やすみりえさんの句会でお会いして以来すっかりお世話なっている同社の肘井社長のお力添えである。
今このタイミングで個人事務所をもつのは自分の今あるステージを考えると時期尚早かもしれない。しかし僕は何事も形から入るのが好きな性分。あえて背伸びをしてみることによって己を鼓舞できるはずだ。しかも僕を応援する優秀な渉外担当者もついてくれたし。
カンヌの華々しいデビューから10年。今年度は攻めの姿勢でいきます。
posted by 山崎達璽 at 09:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

金魚健在

image/2009-03-20T08:17:081昨年の夏に掬ってきた金魚が健在だ。11匹がしだいに淘汰されて5匹。最もフナに近いと言われるワキンの生命力は尋常じゃない。
巨大化したお祭りの金魚にほのかなエロスを感じるのは僕だけだろうか。
posted by 山崎達璽 at 18:23| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

『トライアングル』最終回←ネタバレなし

フジテレビの『トライアングル』が最終回を迎えた。数字は悪かったらしいが、衝撃の初回ラストから、僕はすっかりはまってしまった。毎週楽しみで楽しみで、火曜の夜は一切予定を入れなかったぐらいだ。この手のドラマにのめり込むのは1999(平成11)年の『危険な関係』以来だろうか。
まさか犯人が○○とは予想だにしなかった……いやいや、放映数時間前に相関図を書いていたら、あれ?この人しかいないだろぅなんて気づいてしまったり……。

数字が悪かったせいか、最後2話分をまとめたのかな。なんだか展開が急ぎ足で、台詞で語ってしまうところが多すぎる。連ドラである以上、一度観たぐらいじゃあ克明に一週間記憶を維持することはできない。伏線となるべきところをもうちょっと丁寧に見せておくべきだったと思う。
まあまあ、とはいえ……この手のドラマはさんざん引っ張っておいて最後はこれかよって暴れたくなる大団円も多いが、今回は結構満足。キャスティングと音楽の良さに尽きる。
posted by 山崎達璽 at 23:49| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

鎌倉内科診療所

ずっと抱えてた鼻と喉のアレルギーがかなり治りつつある。
2006年の夏頃から鼻だけでなく咳がひどくなった。近所の内科に行っても、1分の診察で大量に薬を処方するだけの対処療法で一向に改善しない。
根本治癒を求めていたところ、「鎌倉内科診療所」に行き着いた。鶴岡八幡宮に向かって若宮大路を右に入ったところ、郵便局の裏手にある。独自の内服薬と食事療法で評判とか。
月に一度通い始めて2年3ヶ月、いよいよ奏功してきた。非常に臭いのきつい薬を毎日欠かさず飲み、牛肉豚肉は極力控える。薬は自費になるので、月の治療費は2〜3万。
くしゃみや鼻水、咳などの自覚症状はほとんどない。レントゲンを見ると、鼻中隔を曲げていた蓄膿は完治している。

なんだか宣伝のような記事だが、これは紛れもない事実。お悩みの方は是非とも思うが、相当な忍耐と金銭的負担は覚悟していただきたい。
posted by 山崎達璽 at 10:36| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

人の育ちを感じるとき

image/2009-03-07T18:00:141以前書いたバーバリーの黒のトレンチ。後生大事に箪笥の肥やしにしておくのもなんだし、今年は日々着るようにしているのだが……やっぱり大切なものは大切だ。
帰ったらリセッシュして、着る前にはガムテで埃を取る。電車で座るときにはお尻のとこがテカテカにならないように脱ぐ。毛が付くからフワフワしたのを着ている人には近寄らない。そして、厄介なのがフードのファー。遭遇する率が高くて、見たら逃げる……。

お鍋や串揚げや焼き肉なんかを食べるとき、コートを一カ所にまとめることがよくある。裏地を見てバーバリーと認識して丁寧に扱ってくる人に会うと、その人の育ちを感じる。
posted by 山崎達璽 at 13:54| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

漢和辞典を新調

20090130003131.jpg国語辞典に続いて漢和辞典を新調した。
右側は中学生の頃から20年近く使っていた「三省堂明解国語辞典」。1968年の第78刷って、父の本棚から拝借したものだ。
左側は今回購入した「学研・漢字源」。2007年の第4版である。
二冊の間に流れた時間は約40年……
posted by 山崎達璽 at 00:55| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

悩ましてしくて眠れない

20090129141023.jpg起きたら14:00近かった。久々に爆睡した。
今月は映画じゃない映像の仕事に追われた。いやいや、追われたとは大げさ。結構頑張った。
監督たるもの、それが映画じゃなくても演出をしているときは精神衛生的に調子がいい。ただ勝手が違う分、疲労感もまた大きい。ここんところあんまり熟睡できなくて、例によって睡眠導入剤を飲んでいた。

さてさて、日本アカデミー賞の投票をしなければならない。年末に優秀賞(最優秀賞のノミネート)の投票をする時は、各賞3候補を選ぶのでさほど悩むこともない。が、今度の最優秀賞の投票は当然一つに絞らねばならない。今年は特に悩む。画像の通り、助演女優賞である。
松雪泰子。昔から大好きだ。しゃくれではないが、クール・ビューティーさ加減がまさにツボ。あんなお弁当屋がいたらそりゃ毎日通うよ。
そして希林さん。物心つく前からのお馴染み。唯一無二の個性派大女優である。『宮城野』の時は演技の面だけでなく、現場でもホントによくしていただいた。可愛がっていただいたと言った方がいいか。年賀状に「アカデミー賞の司会が楽しみです」なんて書いてしまったし……。
さて、どっちに入れるべきか。また今夜も眠れない。
posted by 山崎達璽 at 16:40| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

松の内の電話

毎年のことだが、松の内の電話が苦手だ。電話口の新年の挨拶がどうにも歯がゆくて間が悪くて。僕は元来相づちが不得手だ。ましてや電話となると電波が悪いと嘘をつきたくなるほどのぎこちなさ。だからなるだけ間を取って相手の話を聞こうと努める。
この時期の電話は開口一番「あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします」となる。
この間どうすればいいのか? 相手は一息で言ってくるから相づちを打つ間がない。こちらも同様に言おうと思ってもその時点で出遅れているから、揃えるには文末に向かって一気に加速するしかない。それでは綺麗にまとまる訳がなく、何を語気を荒げてるんだろうと不快感を与えるだろう。
そんなこんなで沈黙になってしまい、最後だけ「よろしくお願いします」と合わせるしかできない無力な僕だ。
posted by 山崎達璽 at 23:22| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

今年の抱負なんぞを

ようやく年賀状を書き終えて投函。もっと早くやっておけば良かったと新春早々後悔……。後出し年賀状ばかりで申し訳ない限りだ。

さて、今年の抱負なんぞを……
・新企画に取りかかる(“泥棒と映画監督は、とり続けなければ生きていけない”とは誰の名言だったか)
・いかなる時も舌打ちをしない
・穏やかに生きる(泰然自若)
・見栄を張らない(金がない、仕事がないを恥じることなく堂々と言える世の中です)
posted by 山崎達璽 at 22:59| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

謹賀新年

2009.jpg輝かしい新年の幕開けです。
本年は新作『宮城野』の公開を控え
さらなる躍進の年にしたいと存じております。
何卒よろしくお願いいたします。

平成二十一年 元旦
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

やれやれ

17:46、16:04発予定のこだまが小田原駅を発った。1時間半以上現場検証をガン見していたが、なんというか、全てのことが粛々と行われていた。利用客を含めてそこに目立った混乱はなかった。さすがは成熟した法治国家だ。
駅員に「遅延による特急券の払い戻しはありますか?」と聞いたら「申し訳ありません、2時間以上からになります」と。以前も人身事故に遭遇したことがあるが、その時は復旧に1時間半。なるほど、新幹線の人身事故は2時間以内で復旧するということか。
何はともあれこれで帰省できる。

2008年も残りわずか。今年の総括は近々に書いてみようと思う。
筆の遊びにお付き合いくださいましたみなさま、ありがとうございました。今年はおかげさまで読者が増えました。来年も引き続きゆる〜くを基本姿勢に、時に熱く、時に少年の如く、時にヲトメのやうに、筆で遊んでいきたいと思います。どうぞ佳いお歳をお迎えくださいませ。
posted by 山崎達璽 at 20:24| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人身事故

20081231005231.jpg15:50ごろ、名古屋に帰省するため小田原駅のホーム着いた。貯まったポイントでグリーン車を取り、意気揚々とだ。
通過列車があったと思ったら、けたたましいブザー音が。僕がいるのは8号車あたり。駅員が次から次へ先頭に向かって走っていく。「列車とお客様が接触した」との放送。人身事故だ。「東海道新幹線上下線とも運休。復旧には1時間以上」
サイレンが鳴り響き、パトカーと救急車が到着したようだ。警察官と消防士がホームに駆け込んでくる。
野次馬根性とでも言おうか、向学のためとでも言おうか、僕は今、現場検証を目撃している。
posted by 山崎達璽 at 17:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

『ウィズニュース』の取材

レンタルオフィス「ウィズスクエア」の会報誌『ウィズニュース』の取材を受ける。

ウィズスクエアは中小企業・起業家・フリーランスのビジネスパートナーとして株式会社ビサイドさんが運営している。ここの肘井社長とはやすみりえさんの句会でお会いして以来いろいろとお世話になっている。物腰がとても柔らかくて、言葉が的確で、またいつも明確なヴィジョンを示してくれる。

“生き生きと輝いている方を毎月ご紹介している「ウィズな顔」”が今回のテーマ。
渋谷のセルリアンタワーのラウンジで取材を受けたのだが、1時間以上息つく間もなくしゃべり続けてしまった。これだけしゃべるとまとめるのに手こずるだろうなあと思いながら、一向に止まらなかった……。
内容は生い立ちから日本文化に目覚めたきっかけ、『宮城野』のことなど多岐にわたる。今週末に原稿のチェックがあり、発行は年初。新春号で取り上げてもらえるなんて光栄だし、いやぁ幸先がいい。
posted by 山崎達璽 at 17:40| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大事なものがぞんざいな扱いになる瞬間

一番大事なものがあるとする。大事だからうんと大切にする。そこにまた新たな大事なものを手にする。その瞬間からそれまで大事にしてたものが妙にぞんざいな扱いになってしまう……なんて経験はないだろうか?
TAKEO KIKUCHIのコートがお気に入りでずっと大事にしてたのだが、一昨年、BURBERRYのトレンチ・コートを買ってから僕の気持ちはそちらに移ってしまった。一年目はほとんど着なくて、二年目は汚れたりニオイがつきそうなとこには着ていかなかった(それを考えてると着て行かれる日なんて皆無に近い)。
さて、今年は髭紬の羽織を誂えた。よって、興味は完全にそちらに。たぶんがんがんBURBERRYを着るだろう。

今日はこれから一青窈の音楽劇『箱の中の女』を観る。
posted by 山崎達璽 at 15:22| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

辞書を新調

20081214220632.jpg中学の時、実家にあった国語辞典があまり古くて新たに買ったのが左。
「新潮国語辞典-現代語・古語-」……1985(昭和60)年11月30日発行
この度新調したのが右。
「三省堂国語辞典」……2008(平成20)年10月20日発行
左の辞書を買ったときの感覚が続いていて、ずっと最新のものを使っている気分だったが、こうしてみてみるとその間23年。もはや歴史書だ。
posted by 山崎達璽 at 22:21| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

もつ鍋

20081213205252.jpg約4年半ぶりに恵比寿の「蟻月」でもつ鍋をたらふく食べた。
この店、とにかく予約が取れない。電話で15:00から2週間先まで可能なのだが、どれだけ鳴らしてもまずつながらない。その昔、ぴあでチケットを取るときの気分だ。
2週間前、奇跡的に電話がつなり、久しぶりにこの味を楽しむことが出来た。
画像は恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション。世界最大級のバカラ製シャンデリアだとか。ここのイルミネーションはえげつなく華美でなく大人な雰囲気だ。
posted by 山崎達璽 at 22:27| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

お歳暮

20081206142510.jpg蓼科高原映画祭の事務局からお歳暮が届いた。たてしなりんごを18玉もいただいてしまった。4年前はお蕎麦のセット。何から何まで感謝至極だ。

皆さんから「来年もまた来てください」と言われた。確かに一観客として遊びに行くのも楽しいだろう。でもフィルムメーカーとして作品を携えて行きたいものだ。
監督は撮り続けなければ監督ではない。
今年は4月以降何も創作活動はしてこなかった。腑抜けですからという言い訳もそろそろ期限オーバー。新企画を始めよう。
posted by 山崎達璽 at 14:37| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

ぎっくり腰で最後のひと拭きがつらい

先週の土曜日にいわゆるぎっくり腰をやってしまった。寒空の元、(夏に掬った11匹中8匹が元気な)金魚の水槽を洗って持ち上げたときだった……。秋から週一で通っている整骨院に行こうにも土曜の午後はお休み。幸い歩けないほどではなかったのでひたすら安静。
日曜日はきものを着る用があったのだが、帯がコルセットの役目を果たしてくれてなんとかなる。
朝晩の寒い時間はかなりきつい。最大の問題はトイレでお尻を拭くとき。うちはウォシュレットだが乾燥機能はない。よって最後は身体を捻ってのひと拭きをしなければならない。どうにもこれが痛い。しかも僕は一日五回ペースの多便症だ(人間ドックでは恥ずかしくて鯖を読んで三回と言っている)。結局どうしたか? それはあまりに品性を疑われるのでここに書くのはやめよう。
それから月火水曜と整骨院に通ってようやく最後のひと拭きがこなせるようになった。

しかし今年の僕は生命力が弱まっているなぁ。ひっきりなしに病院に通っている。
posted by 山崎達璽 at 23:32| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。